認 可 地 縁 団 体 法 人
栄町町会
 

 
トップページ  > お祭り(栄町睦会) 
栄町睦会初詣(1月23日)
 睦会の恒例行事である氷川神社への初詣と会館での新年会は、コロナ禍のため、町会長・総代・睦会及び各小若の代表者のみの小人数で行いました。
 参殿後、社殿裏手にある神輿蔵を開けて点検したところ、祭礼備品にホコリが積っておりこの2年間、行事を開催していないことを改めて感じ、今年こその思いを強くした次第です。

 なお、この日を以て、栄町睦会の会長には石塚義久氏が就任しました。よろしくお願い申しあげます。

  
   


 
お浜井戸の祭禮(4月18日)
 栄町の氏神様である氷川神社縁起によりますと、1457(長禄元)年石神井川際(高稲荷公園近く)に泉が湧き出る地「お浜井戸」に祠を建ててお祀りしたのが始まりと言われています。その後、江戸時代に高台の現在の地に移りました。
 お浜井戸の祭禮は3年に1度の誕生の地へのお里帰りで、氏子の皆様が、幟・太鼓・神輿を仕立て宮元の方々が道中歌を歌いながら、神社からお浜井戸に向けて行列をつくる行事です。
 今年が3年に1度の年回りですが、コロナ禍で、少人数で神事のみ行われました。栄町からは、相澤総代が代表して玉串奉奠を行い、のち宮元の皆さんが、獅子舞と鶴の舞を奉納しました。
次回は令和6年です。