認 可 地 縁 団 体 法 人
栄町町会
 
会長 押 田 光 雄
 
 
 

 皆様には、穏やかで明るい新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。
 昨年の当町会は、皆様方の積極的なご参加により、平穏の内にも賑わいと楽しさ溢れる諸行事を展開することができました。しかし全国的には4月の熊本地方の地震に始まり、地震、台風による自然災害が相変わらず頻繁に発生し落ち着かない1年でしたが、一方、リオでのオリンピック・パラリンピックで若者たちが大活躍、多くの金メダルを持ち帰ってくれ、明るく感動ある年でもありました。

 新春を目前にした12月末、糸魚川市で144棟が延焼するという大火災が発生しました。折からの強風による飛び火で一瞬にして「住み処」を失うという大惨事です。「火の使用中は、その場から離れるな」は鉄則中の鉄則ですが、火元の中華料理店の店主があぶら鍋を火にかけ、20分ほど離れていたことが原因です。この地方では自然災害に見舞われることが多くあって、市、町の住民の防火・防災意識が高く、対応も素早かったため死傷者が出なかったことが、せめてもの「不幸中の幸い」でした。失火元の店主が被災者へどのように対応するのかが注目されます。また行政の暖かい迅速な対策も望まれます。

 私たちの町としましては、この惨事・脅威を教訓に本年度も震災対策、防火対策を重点事業として取り組んで参ります。万一に備えて各種訓練や講習会には積極的に参加していただき、日ごろの防犯対策も念頭に会員相互の助け合い精神を涵養していただきたいと思います。

 そして、本部及び各委員会の協力による健康的で楽しい事業活動にも積極的に取り組んで参ります。老いも若きも、皆さんが多数参加できる催しを企画、実施しますので、気楽にご参加ください。

 最近の栄町地域の消費・生活環境の変化に鑑み、4商店会と町会幹部で「地域の活気溢れる≪町・街づくり》対策」の話し合いを持ちました。「情報交換や各種事業活動の共催」など、連携強化を図っていく所存です。その第1弾として、本通り振興組合と介護予防委員会との共催で「健康講話講習会」を開催しました。防災訓練の広報に商店会の放送も活用させていただきました。皆さんからも「町を挙げての楽しい町づくりのアイデイア」の提供をお待ちしております。

 新しい年を迎えて、「今年こそは」と誓いを立てた方もいらっしゃるかと思います。「禁煙」「飲酒は適量に」「メタボ脱出、減量努力」等など。そこに是非、追加してください。「安全で楽しい町づくりに積極的に参加し頑張る」と。

 当町会へのご意見は練馬区栄町46-10(栄町会館)へお願いいたします。

 
認可地縁団体法人「栄町町会」の事業・活動内容は、下記の入り口をクリックして下さい。