認 可 地 縁 団 体 法 人
栄町町会
 
会長 押 田 光 雄
 
 
 

 年度末を迎えて 
 今年4月にピカピカの1年生になる新入生とご家族をお迎えして、「入学お祝の会」を3月12日に催しました。お名前を呼ばれると大きな声で「はい!」と返事をして、記念品と花束を受け取ってくれました。安全にそして安心して登下校ができるようにと、練馬警察の交通と防犯の係の女性警察官が紙芝居を交えてお話をしてくださいましたが、真剣な眼差しで聞いていました。可愛らしい振舞に、地域一丸となって「見守り活動」に取り組まねばと役員、親御さん共々誓いあった次第です。「お祝の会」は今年で3年目。最近はマンションや戸建ての住宅も増え、3代目、4代目が誕生しています。町の活性化と将来を考えると喜ばしい限りです。
 先般、安孫子市で痛ましい事件が起きました。幸いなことに当町会ではこのような
事故は発生していませんが、昨年から学校、PTA、区の危機管理室、練馬警察及び
近隣4町会で、「開三小防犯防災組織」を立ち上げ、昨年11月には通学路を中心にして危険な箇所の点検パトロールを行いました。
 店先や住宅地の玄関付近で不審者を見かけたら、「どこかお訪ねですか?」と声を
かけたり、登下校中の子供さんに会ったら「お早う、行ってらっしゃい!」「お帰り
なさい、気をつけてね!」と呼びかけたりする「声かけ運動」を推進して参ります。
子供さんには「いかのおすし(意味は子供さんに聞いてください)」の実行と、「ひまわり110番」「こども110番」の活用を町会員の皆さんとPTAで進めていきます。同時に交通安全協会には特に裏通りの交差点での事故防止の指導をお願いしております。

 3月は別れの月です。毎年、卒業式に来賓としてお招きいただいていますが、小学校では6年間の素晴しい成長振りを、そして中学では3年前の児童から生徒への顔付きと心身の変化に凛々しさと逞しさを感じております。卒業後の子供さんたちは地域内での行動範囲が広がります。伸び伸びと成長していってくれるよう、親御さんと地域の皆さんで「育て、見守って」いこうではありませんか。

 防犯ですが、相変わらず「母さん、助けて!」「オレ…オレだよ!」の詐欺が無くなりません。最近では「還付金があります…!」に引っ掛かる人も出てきました。栄町では昨年1件ありました。今年の練馬署管内での被害は9件、1億3千万円です(3月7日現在)。日頃、親子間での意思の疎通を密にし、そして何よりも甘い話には決して乗らないようにしましょう。周囲の方との日頃の付合いの中で、「特殊詐欺」に騙されないように積極的に話題に取り上げて、お互いに注意し合うことも大切かと思います。

 平成28年度の町会活動は、皆様方の積極的なご参加とご協力により予定どおり行うことができました。厚く御礼申し上げます。29年度も「成果ある防犯・防火防災対策」及び「会員の皆さんの参加による楽しく実りのある委員会活動」など活気溢れる町づくりを進めて参りますので、尚一層のご支援とご参加をお願い申し上げます。 

 当町会へのご意見は練馬区栄町46-20(栄町会館)へお願いいたします。

 
認可地縁団体法人「栄町町会」の事業・活動内容は、下記の入り口をクリックして下さい。