認 可 地 縁 団 体 法 人
栄町町会
 
 
 

 
> 栄町町会トップ > 文化委員会 
日光・東照宮・大猷院への旅
 11月27日(日)、38名の参加によりバスで日光へ向かいました。文化委員会では昨年度、徳川将軍家墓所巡りを企画し、絢爛豪華・重厚な寛永寺・増上寺と二つのお寺を拝観しました。今回はその締めくくりとして家康公の廟所である日光東照宮と三代家光公の廟所輪王寺・大猷院を訪れました。
 曇りがちな天気でしたが、紅葉がまだ残る中、朝早く着いた大猷院では静かな大寺院の中で僧侶のお話を伺い、日光開山1,250年を記念したお守りを戴きました。院を後に杉並木の道を歩き、東照宮へ。さすが世界遺産の「日光」です。溢れんばかりの人々で集合の度に時間がかかりました。残念だったのは、翌日のニュースで国宝の「眠り猫」の修復が終わり、レプリカを本物に取り替えたと報道されたことです。つまり私たちはニセモノの展示の最終日に見学したということです。
 しかし、ここまで傘いらずで見学できたのは幸いでした。昼食後は雨脚が強まりましたが、事故も無く楽しく過ごせたのは神様【東照宮】、仏様【輪王寺】のご加護かな?


 

 
元気にラジオ体操を行いました  
 7月21日(木)から8月6日(土)まで、栄町公園でラジオ体操を行いました。出足の21日と22日は生憎の雨で中止となりましたが、23日から早朝6時半よりラジオの放送に合わせて元気よく体操で体をほぐしました。毎日約70名の参加でした。来年も行いますので楽しみにしていてくださいね。

(押田会長の挨拶)
(さぁ~、これから体操です)
 
 
寄せ植え講習会
 5月23日(月)、栄町会館にて「寄せ植え」の講習会を開催しました。浅見園芸さんのご指導により「セレニータ」や「プラチーナ」「フクシア」などの可愛らしいお花5種類を使って楽しみました。43名の参加でした。

 
 

 
新江ノ島水族館と長谷寺バスの旅
平成28年2月26日、32名の参加をいただき、春の快晴にも恵まれ、楽しいバスの旅となりました。
日本一の富士山を望みながら、新江ノ島水族館のイルカショーで童心にかえり鎌倉長谷寺の花と観音さんに心癒される旅でした。

   
冨士山を背に、片瀬海岸西浜新江ノ島水族館、入り口前

    
新江ノ島水族館でイルカショーを楽しむ鎌倉 長谷寺 本堂(観音堂前)

 
10月25日(日)芝増上寺参拝
葵の御紋シリーズ 第2弾 芝増上寺 参拝(30名参加)
 新江古田駅から都営大江戸線で一直線、大門駅下車徒歩6分で、増上寺大門をくぐり境内へ。お坊さんのご説明を戴き、普段個人では入れないところも拝観できました。大殿で参拝し、徳川将軍家墓所へ今年春に伺った上野寛永寺と同じように、葵の御紋が輝いていました。
安国殿で御朱印をいただいたりお守りを購入したりし、最後は経堂、徳川家康が集めた古来の経典を納めた八角形の輪蔵を見学しました。輪蔵は江戸時代初期に創られたという回転式の書庫で、1周回すと中の数千巻の経典を読んだ事になるということで、参加者全員が輪蔵を押し堂内を一周し長寿と御利益(ごりやく)を享受しました。

大殿前
八角形の輪蔵
 
 
 夏休みラジオ体操は、7月22日~8月8日の間毎回100人余参加していただき無事終了いたしました。
 毎年恒例になりました「江古田ゆうゆうロード」の街路の装飾に活用した「浮き輪のプレゼント」もあり、お子さんはもとより、おじいさん・おばあさんもお孫さんにと貰っていただき、大変喜ばれました。
 文化委員会はその他の行事も考えておりますので、多くの町会員のご参加お待ちしています。


 

寛永寺特別参拝   3月15日(日)25名限定募集

今回の企画は、平成23年3月11日に起こった東日本大震災の復興支援のため、普段非公開の歴史的遺構を、参拝者に見て頂き、義援金をつのりそれを浄財とする特別企画です。
  寛永寺根本中堂で東日本大震災の復興祈願のお経を住職さんと一緒に唱えることから始まりました。境内の至る所にある葵の御紋は輝き、徳川将軍家の菩提寺を象徴しています。非公開の「葵の間」、鳥羽伏見の戦い後、江戸に戻った15代将軍徳川慶喜公が謹慎蟄居した場所です。次は、徳川将軍家御霊廟 5代徳川綱吉公、8代吉宗公、13代家定公ついで、大河ドラマで有名になった篤姫こと天璋院の宝塔があります。次々と僧侶の方の丁寧な説明で見学しました。徳川宗家の方々の神聖なる墓所であり、参加者は、厳粛に徳川300年の歴史を直に触れる事が出来ました。